© デジラン | ランニング×ガジェットレビューのブログ All rights reserved.

【トレランのプロに聞いた】トレランシューズの使い分けが重要な理由!使い分ける方法も徹底解説!

最終更新日 2022年10月31日

マラソンやトラック選手の多くは練習によってシューズを使い分けています。

これは練習の効果を最大限引き出すために行っています。

しかし、トレイルランナーはトップ選手でもシューズの使い分けをしていないことが多いです。

今回はトレランシューズの使い分けについて、プロ山岳ランナー近江竜之介選手の意見をもとに解説していきます。

トレランシューズを使い分けた方がいい理由

マラソンよりもシューズの使い分けが重要な理由

マラソンをはじめとして、陸上競技長距離ではシューズの使い分けが推奨されています。

リカバリージョグの時はクッショニングがあるシューズを履いたり、テンポ走の時はそれなりの速さが出せるシューズを履いたり、スピード練習の時は厚底シューズを履いたり・・・

シューズの履き分けは、今や当たり前のことなのです。

シューズの履き分けポイントは『ペース』と『距離』

マラソン、陸上長距離での、シューズを履き分ける指標となるのは、『ペース』と『距離』です。

その日の練習に合ったものを履きこなし、トレーニング効果を高める狙いで履き分けを行っているのが、多くだと思います。

では、トレランはどうでしょう?

トレランの方が、『ペース』と『距離』に幅がある

トレランは、マラソンや陸上長距離と比べて一度のトレーニングセッションでの『ペースの幅』とトレーニング毎で『距離の幅』が大きく異なります。

一度のトレーニングセッションでは、速ければペースが、『4’00/km~10’00/km』、トレーニング内容によっては『5km~100km』と、陸上長距離よりも圧倒的にシューズの履き分けとなる指標の幅が広いです。

なので、トレランこそシューズを上手に履き分ける必要があるのです。

プロ山岳ランナー近江竜之介に聞いた】トレランシューズの使い分ける方法

では、実際にどうやってトレランシューズを履き分ければいいのか。

今回はプロ山岳ランナーである近江竜之介選手に聞いた話+筆者のトレランシューズの履き分けを交えて紹介していきます。

両者ともに『日本代表』の看板を背負っている(背負っていた)おり、そこに至るまでに感じたことも紹介していきます。

ロードシューズの使い分け

Adizero SL20.3M【レビュー】

近江竜之介選手が愛用しているロードシューズは、『Adizero SL20.3M』。

このシューズの特徴は、リカバリーのジョグからロングジョグ、テンポ走まで幅広いトレーニングに対応しているところ。

近江竜之介選手曰く、「このシューズ1つでロードのトレーニングは完結している」とのこと。

ガチのプロ山岳ランナーともなると、基本的に山ばかり走るので、ロードのシューズにはあまりこだわりがなさそうだ。

Adidas japan 6【レビュー】

トレイルランナーにおすすめするロードシューズ1つ目はAdidas japan 6だ。

このシューズのいい点は厚底で、クッショニングがあるにも関わらず、感覚的にはうす底である点だ。

トレイルランナーが厚底シューズで常日頃走っていると、登りの走力が落ちてしまう。

そのため、ベアフットシューズなどで走るのが効果的なのだが、怪我のリスクがある。

そこで、クッショニングにより怪我のリスクを低減しつつも、自分の足で走れるシューズがこれになる。

筆者はリカバリージョグから3’50/km程度のペースまではこのシューズでカバーしている。

Nike ペガサス シリーズ【レビュー】

ロードで登りの練習や砂利道、芝生を走るときはNikeのペガサスシリーズがおすすめだ。

このシューズのポイントは安定感にある。

筆者はトレランのための練習として砂利道、芝生、ロードの登り(峠走)でのジョグなどをするが、その時はすべてこのシューズで行っている。

どんな地面でも抜群の安定感を発揮してくれるので、不整地による足の疲労感が低減できるのが特徴だ。

トレランシューズの使い分け

Adidas TERREX SPEED PRO【バーティカルにおすすめのシューズ】

最初におすすめしておきたいのが、Adidas TERREX SPEED PROだ。

「このシューズは初心者から上級者までにおすすめできる」と、近江竜之介選手も言っていた。

筆者も本当にその通りだと思う。

近江竜之介選手曰く、「5km(ショートレース)~40kmまではこれでいける」と言っており、実際彼もそういう履き分けをしている。

このシューズの特徴は『滑らない』、『スピードが出やすい』、『超軽量』にある。

スピードを出すという点にフォーカスを置いているためか、クッショニングはいまいちだが、ミドルレースまでなら問題ない。

このシューズに関しては下記記事で詳しく解説している。

Adidas TERREX SPEED ULTRA【ロングレース用におすすめ】

近江竜之介選手がロングレース(40kmn以上)に出る時に使用するシューズがこれ、Adidas TERREX SPEED ULTRAだ。

このシューズの特徴は高いクッショニングを実現しながら、軽量、滑らない点だ。

踵部分にはAdidasおなじみのブースト素材が採用されており、ロードでもトレイルでも不快感なく走れる。

トレランシューズの課題として、ロードではソールのラグ(突起)が地面に突っかかって走りにくいというものがあったが、これはその課題を乗り越えてきたシューズだ。

ロードでも普通のロードシューズと遜色ない。

100km以下のトレランなら、全く問題ないし、どんな路面でも安定して走れるので、ストレスフリーに走れる。

Adidas TERREX AGRAVIC ULTRA【100マイルにおすすめのトレランシューズ】

来月にUTMFを控えている近江竜之介選手がUTMFで使用予定のシューズがこれ、Adidas TERREX AGRAVIC ULTRAだ。

このシューズのポイントは100マイルに対応した、疲労感を低減できる高いクッショニング性と、どんな路面でも対応できる安定感にある。

重量は前2つに比べると重いが、その重さも安定感を出すために必要だと思えば問題ない。

タフさもあって、本当に100マイルのために作られたようなシューズである。

近江竜之介選手曰く、林道などのトレイルが走りやすく、『トレランシューズ界の厚底カーボンプレートシューズ』とのこと。

疲労感を低減してくれるのは、ウルトラランナーにはありがたいことだ。

まとめ【トレランシューズこそ履き分けが重要!】

いかがだったでしょうか。

トレランシューズの履き分けは怪我を防止したり、トレーニング効果を高めることもできます。

主に距離を目安にしてシューズの履き分けを行うことで、シューズの持ちも違ってくると思います。

Youtubeチャンネルで詳しく解説していますので、こちらも併せてご視聴ください!

関連記事

コメントは利用できません。

【カツサプ レビュー】マラソン向けサプリの飲み方と効果を徹底解説!持久力向上?口コミも紹介!【登山でも使える?】

フルマラソンやトレランなどの持久系スポーツでは、レース前やレース中にサプリメントの摂取する方が非常に多いと思います。 目的はそれぞれ…

月間10万PV越えのランニングブロガーが愛用!便利なランニング用品とガジェットを紹介・レビュー!【マラソンとトレランを両立するアイテム】

「走る」という単純なことですが、それを高めるためには上質なアイテムが必要になってきます。 ランニングシューズやウェア、GPSウォッチ…

202210/26

月間10万PV突破のスポーツブロガーの愛用品・ブログ運営環境を徹底紹介・レビュー!【副業ブロガーのおすすめ】

最近は副業をする人が非常に多くなっています。 このご時世で「副業をしない人はやばい」と言われるほどです。 しかし、副業と言って…

【Dell inspiron 13 5310 レビュー】おしゃれなWindows PCが欲しいならこれを買え!快適にブログ執筆とプログラミングができるスペックで10万円!【大学生向け最強コスパPC】

今やPCを持っていない人は「情報弱者」と揶揄される時代です。 しかしスマホが普及しているためか、PCの使用率は低迷しています。 …

【ワイヤレスヘッドホン EdifireW820NB レビュー(白色もある!)】Airpodsレベルのノイキャンで安い!コスパ、音質(Hi-Res)、ノイキャンすべてが高レベル!【外でも家でも使えるヘッドホン】

アクティブノイズキャンセリング付きのヘッドホンは持っていますか? 最近はワイヤレスイヤホンを誰もが持っている時代ですが、ヘッドホンを…

ページ上部へ戻る